ハーチャルトリップ白馬

写真を買って白馬を応援!期間限定オンラインショップ【バーチャルトリップ白馬】を開設

2019-20シーズンのHAKUBA VALLEYは、記録的な雪不足に加え、新型コロナウイルスの影響を受けて観光客が激減。
4月に緊急事態宣言が出てからは、HAKUBA VALLEY全てのスキー場が一斉にクローズ。
飲食店や宿泊施設は、臨時休業もしくは営業スタイルの変更を余儀なくされました。

このままの状況が続くと、観光業で成り立つ白馬村の施設やサービスは、苦しい状況に追い込まれてしまいます。
テイクアウトやデリバリーに切り替えて営業を続けている飲食店も、この先どうなるのか分からない不安な日々が続いています。

白馬では、大正2年にスキーが伝えられ、昭和12年には日本初の民宿が営業を開始。
以来、国内外から訪れる観光客によって経済が支えられてきました。
しかし、来シーズン以降も雪が降る保証はなく、コロナウイルス収束の見通しが立たない中、「観光に頼らないリゾート」の実現を目指す必要性が出てきました。

その実現の第一歩として、アンテナ白馬を含む白馬村の有志3人でVTHプロジェクト運営チームを立ち上げ、バーチャルトリップ白馬Virtual Trip HAKUBA)を開設しました。

▼バーチャルトリップ白馬

 

バーチャルトリップ白馬とは?

バーチャルトリップ白馬

バーチャルトリップ白馬

「バーチャルトリップ白馬」は、BASEに開設した7月15日までの期間限定オンラインショップです。

このショップでは「アンテナ白馬」が撮影した、白馬の空気を感じられる風景写真を販売しています。
売上は、手数料を差し引いた全額をHAKUBA VALLEY(白馬村・小谷村・大町市にまたがる白馬山麓エリア)のために使用します。
※具体的な用途は下記参照

 

バーチャルトリップ白馬の運営者と売上の使いみち

当ショップは白馬を愛する個人3名の有志により、完全非営利で運営しています。
売上からショップ手数料を引いた全額をHAKUBA VALLEYのために使用します。

具体的な使いみちですが、長期戦になるといわれているコロナ禍を乗り越えるためには、一時的な寄付では意味がないと考えました。
そこで、以下のようなサービス開発を予定しています。

1.売上100万円に達したら

HAKUBA VALLEY内で地域に根ざしたビジネスをしている小規模事業者たち(テイクアウトやデリバリーを提供する飲食店、ショップ、ヨガ等のスクール)を一覧化して探しやすくする、アプリもしくはWebサービスを開発します。
発信・宣伝活動をしなくても、地域のなかでお金が回る仕組みをつくります。

2.売上100万円+300万円に達したら

HAKUBA VALLEY近辺の特産品・加工品などを全国に販売できるよう、ECサイトを構築します。
将来的には、白馬のあらゆるものが必要なところに届くよう規模を広げていくことを想定しています。

各コンテンツの制作・運営は、アンテナ白馬の運営会社、クレドデザイン(株)が主体となって行ないます。

また、白馬に根ざしたプロジェクト活動として地域活動への貢献のため、売上総額の1%がPOW(Protect Our Winters Japan)に寄付されます。

売上が目標に届かなかった場合でも、白馬の地元事業社と連携し、皆さんにご納得いただける方法で地域のために活用させていただきます。

 

購入した写真の使い方

アンテナ白馬ではこの1年間、白馬のさまざまな自然の表情を撮り溜め、当サイトやSNSで発信してきました。
その中でも特に反響が大きかった写真を「バーチャルトリップ白馬」に提供しました。

栂池自然園の展望湿原から撮影した一枚

栂池自然園の展望湿原から撮影した一枚

2019年10月、栂池自然園の展望湿原からガスが晴れるのを1時間以上待って撮影した白馬岳の写真。

FWT Hakubaの取材時に八方尾根スキー場から撮影した一枚

FWT Hakubaの取材時に八方尾根スキー場から撮影した一枚

2020年1月、放射冷却により-10度まで冷え込んだ中、ゆっくり太陽に照らされていく白馬三山の姿を凍えながら撮影した写真。
どれも、白馬に居るからこそ出会えた風景です。

グリーンシーズンを迎え、登山やマウンテンバイクなどで、白馬旅行を計画していた方も多いと思います。
旅行に出かけられない今、写真を買うことで白馬を応援し、バーチャルで旅行(トリップ)気分を味わってもらえればと思います。

これらの写真は購入後、個人利用の範囲で自由にお使いいただけます。

背景に壁紙にSNSにも!

背景に壁紙にSNSにも!

写真の左上にロゴを入れているので、オンライン会議のバーチャル背景に設定すれば、白馬好き同士で会話が生まれるかもしれません。
PCやスマートフォンの壁紙にに設定しておけば、いつでも白馬の空気を思い出すことができます。

 

バーチャルトリップ白馬の商品ラインナップ

商品ラインナップは、気軽にご購入いただけるよう、1枚から10枚パックまで、幅広くご用意しました。

  • 500円……1枚
  • 700円……2枚パック(白馬に棲む動物たち)
  • 1000円……3枚パック(白馬の紅葉、桜、雪景色)
  • 2000円……5枚パック(フリーライド、モルゲンロート)
  • 5000円……10枚パック(白馬の絶景詰め合わせ)

白馬の四季を感じられる写真、登山やスノーボードのときに見たことがある思い出の景色もあるかもしれません。
ぜひお気に入りの一枚を見つけてみてください。

▼バーチャルトリップ白馬はこちら

皆さんの力を貸してください

個人で声をかけただけでも何人かの支援者が集まっていますが、まだまだ力が必要です。
支援してくれた方は、#バーチャルトリップ白馬 をつけて、SNSでのシェアや仲間との共有をお願いします。

白馬が好きな人たちをひとつの大きなコミュニティとして集め、未来のリゾートを残すための仕組みづくりをしていきます。
このショップはその始まりです。

世界が誇るリゾート「白馬」を未来に残すために、皆さんの力を貸してください。

2020年5月 VTHプロジェクト運営チーム

オンラインショップURL Virtual Trip HAKUBA
販売期間 ~7月15日まで
VTHプロジェクト運営チーム モンスタークリフ🐊アンテナ白馬

 

関連記事

VTHプロジェクト運営チームの一員が書いた記事です

 

購入方法や使用方法をわかりやすく解説してくれています

 

移住スカウトサービス「SMOUT」

 

Def TechのMicroさんから応援メッセージをいただきました!



関連記事

  1. スタッドレスタイヤ

    【冬の白馬村に行く前にチェック】スタッドレスタイヤの寿命について

  2. 白馬大池

    【白馬大池】チングルマの群生が美しい8月の様子をレポート

  3. 白馬観光業情報交換会

    【2020夏 白馬村観光業情報交換会】夏の営業や取組みを地域で共有

  4. 徐々に開花が進むミズバショウ

    【栂池自然園】2020年の春をもう一度楽しもう!ミズバショウのピークはすぐそこ

  5. 白馬村の徹然桜

    【徹然桜】白馬村のオススメ桜スポット

  6. 白馬ジャンプ競技場と熱気球

    【白馬ジャンプ競技場】ジャンプ競技の臨場感を味わえる観光施設

  7. 一面のミズバショウ

    【栂池自然園】ミズバショウが見頃!6月16日の様子をレポ

  8. 白馬村の日帰り温泉施設で募金活動を実施

    【特典付き】9月19日(土)~ 白馬村の日帰り温泉施設で募金活動を実施!

  9. 【中山高原】春と夏で違った魅力が味わえる絶景スポット