【農園カフェラビット】季節の野菜とジビエを味わう



春には菜の花、夏にはそばの花が高原一面に咲き誇り、四季折々の景色が楽しめる観光名所・大町市中山高原。斜面を少し上に登れば、北アルプスの姿を一望できます。そんな中山高原で、店主自らが解体したジビエと季節の野菜を堪能できるお店があります。

元スキー場にオープン「農園カフェ ラビット」

農園カフェラビット

農園カフェ ラビット

中山高原は、元々は大町スキー場というゲレンデでしたが、スキー客の減少や雪不足の影響で2008 年に閉鎖。その跡地を利用してオープンしたのが、農園カフェ ラビットです。

オーナーシェフ児玉信子さんの育てた新鮮な野菜と、自らが解体したジビエを使った料理が美味しいと、県内外のお客さんに人気です。

オーナーシェフ児玉信子さん

オーナーシェフの児玉さんは、実は東京からの移住者。山村留学の受け入れをしていた両親の影響で、当時の美麻村にはよく訪れていたそう。東京でのOL生活やアメリカでの飲食店勤務を経て、美麻に移住。

ー飲食業を始めたきっかけはなんですか?

児玉さん:「私ができることはなんだろう?と考えたときに、レストランしかないと思ったんです。」

ところがこの辺りには当時は、おいしい野菜がないということで、自ら農園を作り、おいしい野菜を作るところから始めることに。児玉さんはカリフォルニアのファーマーズマーケットで働いていた経験があり、おいしい野菜には強いこだわりがありました。

野菜づくりが順調に進んでいくとトラブルに見舞われます。

児玉さん:「大自然ならではのことですが、畑が動物に荒らされるようになりました。シカやイノシシなどがせっかく育てた野菜をだめにしてしまう。近所のおじちゃんに相談すると、自分で狩って捌けと。」

ジビエ料理を提供するのは自然な流れでした。

お店をオープンした頃、美麻地区の解体場が完成し、 児玉さんは本格的にシカやイノシシなどの解体を行なうようになります。解体したお肉は、即時冷凍することで、鮮度を保ったまま保存されます。

ジビエ肉は、農園カフェ ラビットの料理に使われる分はもちろん、白馬村や大町市のレストランや肉屋にも卸しているそうです。中でも鹿肉は、今では外国観光客にも人気。地元でもなかなか手に入らなくなっているそうです。

鹿肉とひよこ豆のカレー

鹿肉とひよこ豆のカレー

児玉さん自慢の料理

日替わりランチメニュー

日替わりランチメニュー

ランチは、サンドイッチやパスタなどの通常メニューに加えて、日替わりメニューもあります。

ランチセットの前菜

ランチセットの前菜

野菜の味が濃いので、何もつけなくてもおいしい。春が旬のアスパラガスは、細いけれどしっかり甘みが強いです。この前菜は日替わりなので、来るたびに違った味が楽しめます。

女性におすすめ、いのしし肉のカレー

ジビエ肉も日替わりで選べます。取材当日のカレーは、いのしし肉 or 鹿肉から選べました。

児玉さん:「女性はいのしし肉がおすすめ!ビタミンや鉄分など女性にうれしい栄養が豊富で冷え性にも効果があります。」と教えてくれました。

いのしし肉のカレー

いのしし肉のカレー

カモミールのお花が乗っているのが上品でスペシャルな感じ。トッピングされた野菜も美しく、新鮮で美味しい。カレーの中には、大きなお肉が塊で入っています。噛み応えがありますが、筋張った感じはなく、ほろほろとした食感。ハーブやスパイスがたっぷり感じられるソースと混ざり合って、お肉のくさみも感じず、どんどん食が進みます。

食べている最中から身体がポカポカしてきたのは、ジビエの効果でもあるようです。児玉さんの言葉通り!

ジビエ料理だけじゃない!

福味鶏のコンフィ

福味鶏のコンフィ

メインの料理をもう一つ紹介します。こちらは、「福味鶏のコンフィ」。農園カフェ ラビットでは、ジビエだけではなくチキン料理にもこだわっています。大きな骨つきのもも肉は、ボリューム満点で、食べ応えがあります。トマトソースの甘酸っぱさと、パリパリの皮の香ばしさが食欲をそそります。付け合わせのマッシュポテトもほっくほくでおいしいです。

ちなみに信州福味鶏というのは、長野県のブランド鶏。きちんと管理の行き届いた農場の平飼い鶏舎で飼育された鶏なので、風味がよくおいしいのはもちろん、安心なのが特徴です。

四季折々の景色が楽しめる

毎年、中山高原の雪解け(4月1日)とともにオープンし、霜が降りて雪が積もり始める11月にはクローズしてしまう農園カフェ ラビットは、おいしい料理だけではなく、四季折々の景色を楽しめるのも魅力の1つ。

中山高原から見える鹿島槍ヶ岳と爺ヶ岳

春の中山高原

4月末〜5月初めは菜の花と残雪の北アルプスの風景が、信州に春の訪れを感じさせてくれます。

夏の中山高原

夏はそばの花が満開に

7月末〜8月はそばの花。高原特有の寒暖差の大きな気候によって、風味豊かな蕎麦の実に育ちます。テラス席でゆっくりと信州の四季を感じてみるのも良いですね。

さいごに

シンプルに野菜の味を楽しむ前菜と本格的な味わいのメイン料理。せっかく長野に来たなら、地元のものを、そして季節のものを食べて、心も体も満たされてみてはいかがでしょうか。

インフォメーション

営業時間 11:00-15:00
定休日 火曜日 ※12月~3月は冬期休業
住所 大町市大町8295-48
Facebook nouen.cafe.rabbit



関連記事

  1. 【白馬の酵母パン koubo-nikki】季節の素材を使った天然酵母のハード系パン屋さん

  2. 白馬大橋から眺める朝焼け

    【白馬大橋】日本の道百選に選ばれた絶景のフォトスポット

  3. 【白馬村青鬼集落】観光前におさえておきたい予備知識

  4. 9/26の様子

    【秋の白馬村】紅葉情報まとめ (9/26時点)

  5. 北アルプスと白馬村の景観が魅力【どんぐりパノラマ展望台】

  6. オーナーの間橋杏さん

    【コンディトライ・アン・マリーレ】大町市の地元食材にこだわったケーキ店

  7. 八方ケルン付近の様子

    【北アルプスの入門登山】8月の唐松岳登山は計画的に!?

  8. 鎌池

    【鎌池】ピークに合わせて行きたい、長野県小谷村のナンバーワン紅葉スポット

  9. 【天神坂】白馬ハイランドホテル近くの北アルプス絶景スポット