白馬村の雪形

春の風物詩。さまざまな言い伝えが残る【白馬の雪形】

「雪形」をご存じですか?

首都圏に住んでいる人にとっては馴染みが薄いかもしれませんが、雪形は、冬から春へと季節が進むにつれて、雪の解けた部分から北アルプスの山肌に現れる、動物や人、農耕具のように見える模様のことを言います。

昔の人々は、この雪形を、田植えや種まきの目安にしていたそうで、雪国では馴染み深いものなのです。

白馬村の雪形

白馬村の山々

白馬にも多くの雪形があり、代掻き馬や五竜菱などが有名ですが、細かいものまで含めると、その数は10個以上も。

その中で今回は、代表的な5個をご紹介したいと思います!

五竜岳の五竜菱(武田菱)

五竜岳の「五竜菱」

五竜岳の「五竜菱」

雪形の中で一番わかりやすいのが、五竜岳山頂直下の「五竜菱」。

形がくっきりしているので、春に限らず、雪がたっぷり降り積もった厳冬期でも確認することができます。

武田家の家紋に似ていることから「武田菱」とも呼ばれている他、かつては「御菱(ごりょう)」とも呼ばれ、山名の由来はここからきているという説も。

五竜菱は、このエリアのシンボル的な存在で、スキー場「エイブル白馬五竜」や「白馬五竜高山植物園」のロゴに描かれています!

杓子岳の不死鳥(フェニックス)

白馬村の雪形

杓子岳の「不死鳥」

杓子岳の中腹に見える「不死鳥」は、頭が左下で、羽と胴体が右上にあります。

空から急降下してきている様子に見えます。

不死鳥に見えないかもしれませんが、比較的大きな雪形なので、場所さえ分かっていれば、見つけやすいです!

白馬岳の雄馬

白馬村の雪形

白馬岳の「雄馬」

白馬岳の山頂直下にある「雄馬」。

このエリアの最高地点にある雪形ですが、この後にご紹介する「代掻き馬」の存在に隠れてしまい、知名度はイマイチです。

白馬岳の代掻き馬

白馬村の雪形

白馬岳の「代掻き馬」

白馬岳の右斜面にある「代掻き馬(しろかきうま)」は、とても有名な雪形です。

頭が左側にあり、尻尾が右側、斜面を勢いよく駆け上がっているように見えます。

この雪形が現れるタイミングが、代掻き(田んぼの土をかき混ぜて、平らにする作業)を始める目安になっていた、という話が有名。

「白馬」まつわる説やエピソードを調べてみるとたくさん出てきます。例えば、

  • 「代掻き馬」が徐々に変化して「しろうま」→「はくば」→「白馬」になった?
  • 明治時代、地図作成に携わった官僚の誤記で「代馬」から「白馬」になった?
  • (仔馬の雪形があるため)実は小蓮華山を代馬岳と呼んでいて、代掻きのタイミングの目安でもあった?

真意ははっきりしませんが、興味深いエピソードばかり!さすが白馬のランドマークです。

小蓮華山の種まき爺さん・婆さん

白馬村の雪形

小蓮華山の「種まき爺さん・婆さん」

左側はかごを背負って右を向いている「爺さん」、右側は左を向いている「婆さん」です。

お互いが向き合って、畑仕事をしているのでしょうか。微笑ましい姿です。

こちら雪形は、くっきりしていて大きいので、イメージしやすいですね!

おわり

今回は代表的な5個の雪形をご紹介しました。

雪形は他にもたくさんあり、北アルプス全体では約30個、全国では約300個あるそうです!

しかしながら、一つの地点で複数の雪形を楽しめるのは白馬だけ(らしい)。

春だけではなく、初夏まで長く楽しめるものもあるので、白馬に来たらぜひ山の模様を眺めてみてください。

関連記事

  1. ミズバショウ湿原

    【2022年 栂池自然園】雪に覆われた早春の湿原をトレッキングしてきました。

  2. 徐々に開花が進むミズバショウ

    【栂池自然園】2020年の春をもう一度楽しもう!ミズバショウのピークはすぐそこ

  3. 【テレワークに最適】白馬ノルウェービレッジで理想の働き方を実現

  4. 石坂森林探検村

    手軽に来られる秘境【小谷村、石坂森林探検村】で自然と一体に

  5. 一面のミズバショウ

    【栂池自然園】ミズバショウが見頃!6月16日の様子をレポ

  6. バターチキンカレーの完成!

    【おうちで山ごはん】スパイスで作る、本格的なバターチキンカレー

  7. 白馬村のコーヒー店

    【コーヒー好き必見】スキー・スノーボードの後に立ち寄りたい、白馬の美味しいカフェ4選

  8. 雪が積もったクルマ

    【雪が降っても安心】白馬在住歴10年を超えるスタッフが常備している、冬の便利カーグッズ

  9. 船越の頭から見る小蓮華山

    【小蓮華山登山】草紅葉が見頃の蓮華温泉~小蓮華山ルート。9月末の様子をレポートします