白馬旅行におすすめの服装

【季節別】白馬旅行におすすめの服装をご紹介

長野県白馬村といえば、冬はウィンタースポーツ、夏は北アルプス登山で人気の観光リゾートです。

白馬連邦の麓に位置する白馬村は、標高約700m。
標高599mの高尾山や高さ634mの東京スカイツリーよりも高い場所に位置していることから、年間を通して冷涼な気候が特徴です。

首都圏との気温差が大きいことから「思ったよりも寒かった…」という意見もしばしば。
そこで今回は20代の女性目線で、季節別におすすめの服装をご紹介します。

ぜひ白馬旅行の参考にしてみてください!



 

東京よりも5~10°C前後低い、白馬村の気温

おすすめの服装をご紹介する前に、月ごとの気温をまとめました。
東京と比較すると、5~10°C前後気温が低くなることが多いです。

平均最高気温
( °C)
平均最低気温
( °C)
1日平均気温
( °C)
降水量
(mm)
1月 1.4 -7.5 -3.0 144.9
2月 2.2 -7.5 -2.6 134.9
3月 6.3 -4.0 0.9 143.5
4月 14.5 1.7 7.6 118.3
5月 20.3 7.5 13.4 144.6
6月 23.4 12.9 17.5 214.9
7月 26.7 17.3 21.2 289.4
8月 28.6 18.4 22.6 170.0
9月 23.4 14.2 18.1 184.3
10月 17.5 6.8 11.4 121.5
11月 11.2 0.6 5.3 109.8
12月 4.8 -4.3 -0.1 128.7

(気象庁HPより 1981年~2010年のデータです)

桜の見頃は東京よりも1ヵ月遅い4月末頃、一方で紅葉の見頃は1ヵ月早い10月頃です。

白馬村観光 服装選びのポイント

白馬村の西は標高3,000m近い北アルプス、東は1,500m前後の小谷山地に挟まれた盆地地形で、1日の寒暖差が大きいのが特徴。
特に朝晩の冷え込みは厳しく、夏でも肌寒くて窓を開けたまま寝られないこともあります。

それでは季節別におすすめの服装を見ていきます。

白馬村の春 3月・4月・5月

徹然桜(4月下旬ごろ)

徹然桜 (4月下旬)

3月は最高気温が10度を下回ることが多く、最低気温は氷点下になることも珍しくありません。
東京の真冬と同じような気候なので、ダウンジャケットなどの厚手のアウターが必須です。

4月は最高気温が10度を超えて日中は春らしいポカポカした日が多くなりますが、夜は氷点下近くまで冷えることもしばしば。
3月同様に厚手のアウターがあると安心です。

5月はカラッと晴れた爽やかな天気が多くなります。
日中の気温が20度を超えることもありますが昼夜の寒暖差が大きいので、薄手のアウターやカーディガンなどの羽織りものがマストアイテム

例年ではゴールデンウィークまでスキー場が営業しており、5月上旬頃までは雪が降る可能性もあるので、防寒対策とともに必ずスタッドレスタイヤを装着した車でお越しください。

春におすすめの記事

 

白馬村の夏 6月・7月・8月

唐松岳

唐松岳 (7月下旬)

6月・7月になるとTシャツ+ハーフパンツで出かけられる日が多くなります。
最低気温もようやく10度台に。雨は降るものの、東京の梅雨時期よりも過ごしやすい印象です。

一年の中で比較的観光客が少ない時期なので、宿泊料金も低く設定されていたり、人気店にも並ばず入ることができ、ゆっくりしたステイを楽しめる穴場の時期です。

8月の日中はとても暑く、30度を超える日もあります。
服装は東京の真夏と同じもので問題ありません。さすがにこの時期だけはエアコンが必要になることも。
ただし、お盆を過ぎたころから涼しい日が多くなるので、薄手の羽織りものを持参しましょう。サンダルも寒いので、靴下を履くのがオススメ!

実は数年前まではクーラーが無い家も多かった白馬村ですが、近年は地球温暖化の影響でクーラーが無いと過ごせなくなってきました。

夏におすすめの記事

 

白馬村の秋 9月・10月・11月

展望湿原

栂池自然園 (10月上旬)

9月の日中は秋らしい爽やかな陽気になりますが、朝晩は冷え込むのでフリースや薄手のダウンジャケットがあると便利です。
風が涼しいので、寒がりの方はもう冬の格好がいいでしょう。

10月から11月上旬は紅葉の季節。最低気温は10度を下回ります。白馬村民はこの時季からストーブなどの暖房を使い始めます。
早い年だと雪が降ることもあるので、厚手のコートやダウンジャケットなどの防寒着が必要

11月下旬には霜が降り、完全に冬支度が始まります。

 

秋におすすめの記事


 

白馬村の冬 12月・1月・2月

白馬三山 (1月下旬)

白馬三山 (1月下旬)

12月・1月・2月は厳冬期で最低気温は常に氷点下。
晴れた日の朝は放射冷却によって-15度近くまで冷えることもあります。まつ毛や鼻の中が凍るほどの寒さです。
厚手のダウンやパンツ、ニット帽・手袋などはマストアイテム。ただし、室内は暖かいことが多いので、脱ぎ着をして調節ができる重ね着がオススメです。

2019-20シーズンは記録的な暖冬でしたが、通常であれば毎日のように数10センチの雪が積もります。
滑りにくく防水性の高いスノーブーツがあると便利です。白馬村民マストアイテムはソレルのブーツ。ぜひ足元に注目してみてください!

 

冬におすすめの記事

 

さいごに

今回は季節別におすすめの服装をご紹介しました。いかがでしたか?

白馬村の気候は東京など都心部と比較すると、気温が低い時期が長いのが特徴です。
寒がりの方は、年中肌着や靴下が手放せません。
荷物に余裕がある方は、コンパクトに畳めるインナーダウンなど、常に防寒着を1枚多めに持参しておくと安心です。

それでは快適な旅を!



関連記事

  1. 【パンの山】白馬の静かな森の中にあるログハウスベーカリー

  2. 2018年12月の白馬村

    【白馬村の雪情報】2019年12月は雪不足⁉雪はいつ降るの?

  3. 【マウンテンサイド白馬】白馬で暮らすように泊まるコンドミニアム型ホテル

  4. お揃いのポーズで

    【モンスタークリフ】白馬村でスキー・スノーボード業界の活性化を目指す企業

  5. 三八商店

    【三八商店】白馬ガレットのお店がNEWオープン!

  6. 観光に便利な立地

    【赤だすき白馬製麺所】パタゴニア白馬の隣に立食いそば屋がオープン!

  7. 人気商品

    【白馬SWEETS工房RICCA】地元のパティシエが作る、地元食材を使った洋菓子店

  8. スカイプラザの館内

    【白馬山荘スカイプラザ】標高2,800mの場所で優雅な時間を過ごせる雲上レストラン

  9. 村男のラテアート

    エイブル白馬五竜で世界チャンピオンのラテアートを堪能