【白馬の酵母パン koubo-nikki】季節の素材を使った天然酵母のハード系パン屋さん



白馬村で大人気の天然酵母のパン屋「koubo-nikki(コウボニッキ)」。オーナーは、大学時代、発酵を研究していた理系女子の小林ユウさん。今回はインタビューを通じて、「koubo-nikki」の魅力をお伝えします。

季節の天然酵母を使用したパン作り

koubo-nikki

入り口の看板を見ると、なんとも魅力的な文章が書いてあります。「白馬村の季節の素材から起こす酵母を使ったハード系パンを焼いています。」どんなパンがいただけるのでしょうか。

koubo-nikkiオーナーのユウさん

大学で発酵の研究をしていたという店主のユウさん。大学を卒業後、両親が営んでいた宿の仕事の傍ら、「酵母を起こせるし、パンでも焼くかなぁ」と、パンを焼き始めたのがきっかけだそうです(軽い!)。「白馬にはたくさん素材がある」ということで、白馬で取れる自然のものを使った天然酵母でパンを焼き始めたそうです。

発酵中の酵母

素材と水をガラス瓶に入れて酵母を起こします。窓際にはいつも瓶に入った綺麗な酵母が並んでいます。美しいです。

この時期の酵母

レジ裏の看板に、その時期の酵母が書かれています。春には桜などの花やいちご、夏にはラベンダー、ミントなどのハーブ類、冬にはリンゴや梨など、果実。変わったものだと、ヤドリギやクロモジ、コーヒーなどの酵母も起こしていました。基本的には、なんでも酵母になりますが、その中にはパンの酵母に向かないものもあります。アクが強すぎるものや、タンパク質分解酵素が含まれる「サルナシ」などはパンには向かないそう。

ハード系パンの魅力

「両親が山好きだったので、ハード系のパンには馴染みがありました。」という、ユウさん。傷みにくく、つぶれにくいハード系のパンは、山に持っていくのに最適。酵母と粉の相性を考慮して、シンプルな材料で作れる、ハード系のパンを焼くことに決めたそう。

酵母日記自慢のハード系パン

実際、Koubo-nikkiのパンは、卵不使用、水分量が多いなどで傷みにくいそうです。「山に持っていくと良さそうなパン」という、まさに山向きのパンもあります。山登りの前にパンを調達していくと、山の上の食事が豊かになること間違いなしです。

季節の山菜を使ったパン

季節ならではの山菜を使ったパンも。ほろ苦いコシアブラが、ベーコンと相性抜群。

店内では山菜も販売中

地元の野菜も販売しています。新鮮でお安いので、見つけたら即ゲット!

酵母日記の店内

定番のパンを含め、随時数種類のパンがガラスケースに並びます。午後には売れ切れていることも多いので、朝一番に行くのがオススメ。

焼き菓子も人気

ハード系のパンの他にも、季節ごとに変わる焼き菓子も大人気。定番のスコーンは、季節によって中身が変わります。

焼き菓子メニューも充実

クッキーやマフィン、カヌレなども。カヌレは、長年パティシエをやっていたお叔父様から銅製の型を譲り受けたことがきっかけで焼き始めたそう。外がカリッと中はモチっとしていて、毎日あるわけではないので、レジ横にあればラッキーです。確実に食べたい方は、電話で確認をしてくださいね。

まとめ

白馬にある、季節ならではの素材を使った天然酵母のパン。一度食べるとやみつきになっちゃいます。朝食に、ブランチに、おやつに、美味しいパンを・・・

ぜひ一度、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

インフォメーション

営業時間 9:30-18:00(売り切れ次第終了)
定休日 毎週水曜日(その他、臨時休業日あり)
住所 白馬村北城3020-142
駐車場 有り
URL koubo-nikki



関連記事

  1. 餃子(400円)

    【大町市 俵屋飯店】食べ応え抜群の餃子が人気!精肉店が営む中華料理店

  2. 【大出公園】白馬三山の雄大な姿が楽しめる人気スポット

  3. カフェ十三月

    【CAFE 十三月】長野県小谷村の古民家カフェ

  4. スタート地点

    【FWT Hakuba Japan 2020】大迫力の演技が観客を魅了

  5. 白馬アルプスオートキャンプ場

    【白馬アルプスオートキャンプ場】山好きにオススメ!絶景のキャンプ場

  6. 酢・辛味そば

    【ゼーブリック】白馬でのスキー帰りに食べたい、ピリ辛ラーメンが美味しいお店

  7. 【フリーランス必見】白馬ノルウェービレッジで理想の働き方を実現

  8. 手打ちそば

    手打ちそばと地元小谷の採れたてが味わえる【おたり名産館】

  9. 白馬ジャンプ競技場と熱気球

    【白馬ジャンプ競技場】ジャンプ競技の臨場感を味わえる観光施設