スタッドレスタイヤ

【冬の白馬村に行く前にチェック】スタッドレスタイヤの寿命について

雪道走行の必需品といえば、スタッドレスタイヤ。
白馬の雪道を安全に走行するためには、タイヤの状態をしっかり把握し、正しく使用することが大切です。


スタッドレスタイヤの寿命

残溝(走行距離)と、使用した期間(ゴムの硬さ)の2つの要素でスタッドレスタイヤの寿命が決まります。
まだ溝が残っていても、ゴムが固くなっていたら雪道で使用することはできません。

残溝(走行距離)

一般的に走行距離による寿命の目安は10,000km~15,000kmといわれていますが、視覚的な判断材料としては、タイヤの残溝を確認します。

プラットホーム

プラットホーム

スタッドレスタイヤにはプラットホームというマークがあります。このプラットホームが露出するまで使用可能です。

モデルにもよりますがスタッドレスタイヤの溝は10mmで作られていて、プラットホームは5mmのところにあります。ここまで使用したタイヤは冬用としての役目を果たせないので、処分もしくは夏用タイヤとして使用しましょう。

100円を差し込んで確認

100円硬貨の「1」が見えているので寿命が近い

プラットホームを探せない場合は、100円硬貨を溝に差し込んで数字の1が見えたら寿命が近いという目安になります。

100円硬貨は端から数字の1までの長さが5mm

100円硬貨は端から数字の1までの長さが5mm

 

使用した期間(ゴムの硬さ)

残溝ともう一つ、寿命の判断材料になるのがゴムの硬さですが、これは一般の方には見分けが難しいです。

そこで目安になるのが、タイヤの使用期間です。
スタッドレスタイヤの寿命は約3年と言われているので、何シーズン履いているタイヤなのかを把握しておけば、寿命がわかります。

貰いものや中古で購入したために、使用期間がわからない場合は、タイヤのサイドウォール(側面)に記載されているセリアルを確認することでだいたいの使用期間を把握できます。

セリアル

セリアル

このセリアルの末尾4桁が製造時期で、最初の2桁が製造週、最後の2桁が製造年を指しています。
(例:4816であれば、2016年の48週。つまり12月頃、と読み取れます。)

スタッドレスタイヤの保管方法

庭や駐車場など、家の外に置いておく方が多いと思いますが、タイヤは保管状態で寿命が変ります。

直射日光にあてない

太陽光に含まれる紫外線はゴムを劣化させます。直射日光は絶対に避けましょう。

雨ざらしにしない

ゴムが雨水に触れると加水分解が進みます。また、ゴムのヒビから中に水分が侵入し、構造体を傷める原因になります。
保管の際は、雨風をしのげるタイヤカバーの使用がおすすめです。

エアコン室外機の近くに置かない

オゾンが発生する室外機の近くに置いておくと、ゴムを傷める原因になります。

縦置きにする(タイヤ単体の場合)

タイヤ単体で保管する場合、サイド部分に負荷をかけないように縦置きにしましょう。

横置きにする(ホイール付きの場合)

ホイール付きで保管する場合、ホイールの重さで変形しないように横置きにしましょう。その際、過度の負荷を避けるため、2本積みまでにしておくことがおすすめです。

空気は半分程度抜いておく(ホイール付きの場合)

空気圧が高い状態は、タイヤに負荷をかけ続けていることになります。シーズンオフに、店舗で空気を抜いてもらってから保管するようにしましょう。

さいごに

タイヤの寿命を大きく延ばすことはできませんが、適切な管理で劣化を食い止めることで、本来の性能を発揮させることができます。
特に冬に履くスタッドレスタイヤは、タイヤの性能が制動距離にダイレクトに影響します。

白馬に遊びに行く前に点検を済ませ、安全にスキー・スノーボードライフを過ごせるようにしましょう。



関連記事

  1. ヒマラヤの青いケシ鑑賞会

    【白馬五竜高山植物園】雨の日にオススメの理由とは!?(7月はヒマラヤの青いケシも見頃!)

  2. 白馬ジャンプ競技場と熱気球

    【白馬ジャンプ競技場】ジャンプ競技の臨場感を味わえる観光施設

  3. スカイプラザの館内

    【白馬山荘スカイプラザ】標高2,800mの場所で優雅な時間が過ごせる雲上レストラン

  4. 八方ケルン付近の様子

    【北アルプスの入門登山】8月の唐松岳登山は計画的に!?

  5. 八方尾根スキー場

    【冬本番間近】2019年11月後半/白馬村の雪情報まとめ(11/30更新)

  6. 白馬八方尾根スキー場

    【雪不足に負けない!】白馬エリアのスキー場 営業状況まとめ

  7. 【四十九院のこぶし】白馬村の春を知らせる人気スポット

  8. 【白馬の酵母パン koubo-nikki】季節の素材を使った天然酵母のハード系パン屋さん

  9. 雪が積もったクルマ

    【これで雪が降っても安心!?】白馬在住スタッフが常備している、冬の便利グッズ