青木湖SUP

【青木湖SUP】暑い日のアクティビティはこれで決まり!



梅雨が明けて「夏本番!」はいいけれど、日本各地では40度に迫る猛暑のところも。標高700メートルを超える高地の白馬村でも、連日30度超えの気温で、外に出るのも嫌になります。だからと言って、遊びに行かないのはもったいない!今回は暑い日にピッタリのアクティビティをご紹介します。

青木湖

アクティビティの舞台は、長野県内で最も深い湖「青木湖」

青木湖は白馬村とお隣大町市にまたがる湖。白馬村側から青木湖・中綱湖・木崎湖と3つ並んでいて、「仁科三湖」と言われています。長野県内では諏訪湖野尻湖についで3番目、全国では59番目の広さ、水深58mは長野県内で最も深い湖です。透明度10m弱と言われていて、湖畔の方では透明な水面下が見えます。

県内3番目と面積は広いですが、エンジンボートが規制されているので、比較的水が綺麗で静かな環境を楽しめるのが特徴です。

青木湖でSUP体験!

今ではポピュラーなアクティビティかもしれませんが、SUP=Stand Up Paddleというその名の通り、ボードの上に立ち、パドルで漕いで進むアクティビティです。

今回は、青木湖にベースがある「ライオンアドベンチャー」でSUPボードをレンタルしました。ひとり3,000円(+安全管理費300円)で2時間レンタルができます。インストラクター講習はありませんが、簡単な使用方法やコツを教えてもらえます。不安な方は、インスタラクター付きのツアーがオススメです。

さっそく湖上へ

青木湖sup

こんな感じの浮上性のあるフロートボードに乗り、いざ湖上へ!

30分ぐらいで立つことができます

最初はなかなか立てないので、膝立ちで漕ぎます。それでも、思ったように進まず試行錯誤。それでも30分もすれば、ボードの真ん中に立ち漕ぐことができます。

青木湖

あっという間に岸が離れていきます。

青木湖sup

風に流されたりしつつ、気がつけば湖の真ん中に。湖の上は、陸地よりも風が涼しく、快適です。

白馬さのさかスキー場

白馬方向の景色。さのさかスキー場が見えます。

青木湖の水面

水面がキラキラと光り、とても綺麗です。湖の真ん中あたりに来ると、さすがに湖底は見えません。水温はかなり冷たく、足をつけると気持ちがいいです。

友達同士でプカプカ浮きながらおしゃべりするもよし、漕ぎまくって対岸へ行ったり探検するのもよし。SUPの上でヨガ体験や、愛犬と一緒にも楽しめる「わんわんSUP」もあるそうです。猛暑の夏にオススメの涼しくなれるアクティビティです!

インフォメーション

※お盆期間中(18日まで)は予約制ではなく、ドロップイン制なので、直接青木湖ベースに行ってボードが空いていればいつでも体験可能です。

アクセス 青木湖ベース/長野県大町市平加蔵23245
開催期間 4月下旬~5月上旬・6月中旬~10月中旬
開催時間 9:00~/11:00~/13:00~/15:00~
URL 白馬ライオンアドベンチャー
お問い合せ 0261-72-5061



関連記事

  1. 【マウンテンサイド白馬】白馬で暮らすように泊まるコンドミニアム型ホテル

  2. 白馬村の桜スポット

    【2020年白馬村の春】おすすめの桜スポット4選

  3. 雪が積もったクルマ

    【これで雪が降っても安心!?】白馬在住スタッフが常備している、冬の便利グッズ

  4. とんかつ定食

    【昭和軒】登山帰りに食べたい、大町市の昭和レトロなとんかつ屋

  5. 野平の一本桜

    【もうすぐ冬本番】2019年11月/白馬村の雪情報まとめ(11/15更新)

  6. 表彰式

    「FWQ Freeride Hakuba 3*」開催! 小野塚選手ら3名が本選出場権を獲得

  7. 【白馬を拠点に活躍中】プロスキーヤー古瀬和哉さんの単独インタビュー

  8. 日本では珍しい高山植物

    白馬五竜高山植物園をオススメしたい3つの理由!

  9. 質疑応答

    【白馬中学校とFWT選手の交流会】白馬村でフリーライドスキーの普及を目指す