白馬エリア積雪

【寒波到来の白馬エリア】2020年12月17日時点 スキー場の営業・積雪情報まとめ 

12月13日頃から寒気が流れ込み、白馬エリアのスキー場にとって恵みの雪が降りました。

最新鋭の人工降雪機の活躍で一足早く営業を開始していた栂池高原スキー場に続き、15日にエイブル白馬五竜スキー場と白馬八方尾根スキー場がオープン。
19日までに全10スキー場がオープンする予定です。
※白馬さのさかスキー場はプレオープンです



12月17日現在の営業状況と積雪情報

スキー場
エイブル白馬五竜スキー場
Hakuba47ウィンタースポーツパーク
白馬八方尾根スキー場
白馬岩岳スノーフィールド
白馬さのさかスキー場
※12月19日にプレオープン
栂池高原スキー場
白馬乗鞍温泉スキー場
白馬コルチナスキー場
鹿島槍スキー場
爺カ岳スキー場

17日、エイブル白馬五竜スキー場は最下部のとおみゲレンデもオープンしたことで、ゴンドラ回しが可能に。五竜・八方・栂池の3スキー場では、膝上に迫るフカフカの新雪が積もり、浮遊感たっぷりのパウダーランが楽しめました。

18日はHakuba47ウィンタースポーツパーク、白馬岩岳スノーフィールド、鹿島槍スキー場の3スキー場がオープンする予定。
なんと、Hakuba47は初日から全面滑走が可能とのこと!

昨シーズンは雪不足により苦戦を強いられた白馬岩岳スノーフィールドも十分な積雪がある様子。今シーズンから山頂エリアにドッグランやキッズエリアなどを新設。スキー・スノーボードをしない人でも楽しめるようになり、注目が集まっています。

一時は今シーズンの営業を断念すると発表していた白馬さのさかスキー場は、ピステンや除雪車を稼働させ、営業準備が順調に進んでいるようです。グランドオープンは25日ですが、19日に第2リフトのみの運行でプレオープンすることが決定しました!

 

交通障害に注意

交通障害に注意

交通障害に注意

雪は18日日中に一旦落ち着きますが、夜から19日朝にかけては再び大雪の予報に。
週末のゲレンデコンディションは期待できる一方で、積雪や路面の凍結による交通障害が発生する可能性があります。

時間に余裕を持って、安全運転でおでかけください。

※本記事は現地での取材に加え、各スキー場の公式サイト・SNS、白馬バレー公式サイトスノーナビをなどを参考に作成しています。



関連記事

  1. 11月は空気が澄んでいて山の景色を楽しむのに最適

    【11月の白馬】閑散期ならではの魅力と楽しみ方

  2. スタッドレスタイヤ

    【冬の白馬村に行く前にチェック】スタッドレスタイヤの寿命と確認方法

  3. 観光に便利な立地

    【赤だすき白馬製麺所】パタゴニア白馬の隣に立食いそば屋がオープン!

  4. 白馬村平川の砂防ダム

    砂防ダムってなんだろう?パタゴニア白馬で考える環境問題

  5. 【ユナイトコーヒー】大町市の本格的自家焙煎珈琲のお店

  6. 栂池自然園から見える白馬三山

    【栂池自然園】意外と知らない!? 9月前半の魅力

  7. のんびりと田園地帯を走る

    【夏の白馬を巡るマウンテンバイクツアー】エイブル白馬五竜いいもりの新サービスをレポ

  8. 白馬旅行におすすめの服装

    【季節別】白馬旅行におすすめの服装は?

  9. 白馬アルプスオートキャンプ場

    【白馬アルプスオートキャンプ場】北アルプスの絶景が見えるキャンプ場