白馬岩岳マウンテンリゾート

【⽩⾺岩岳マウンテンリゾート】「信州ブランドアワード2022」のしあわせ信州部門の大賞を受賞

2018年から世界水準のオールシーズン・マウンテンリゾート」を目指し絶景テラス&カフェ「白馬マウンテンハーバー」、ユニークなブランコ「ヤッホー!スウィングpresented by にゃんこ大戦争」、エリア内にティーラテとスコーンの専門店「チャバティ白馬」などがある「白馬ヒトトキノモリ」など、次々に新しい施設やサービスを提供してきた⽩⾺岩岳マウンテンリゾート。

スキー場内の開発とともに、山麓エリアの観光事業者との取り組みが地域再生・活性化に寄与したと評価され、「信州ブランドアワード2022」のしあわせ信州部門の大賞を受賞しました。

しあわせ信州部門の大賞を受賞した経緯

白馬岩岳マウンテンリゾート

白馬岩岳マウンテンリゾート

「日本初」や「信州初」へのこだわり、北アルプスの眺望を活かした開発、山麓エリアの古民家を宿泊施設や土産店などに再利用するなど、白馬岩岳エリアに存在する資産・資源を有効活用したことが話題となり、2022年グリーンシーズンの来場者数が過去最高の約20万人(2016年の来場数は約2.5万人)を記録。

⽩⾺岩岳マウンテンリゾートのさまざまな取り組みが、自社のみならず、周辺の観光事業者への経済効果の高まりにも貢献したことが、評価の大きなポイントだったようです。

 新ゴンドラリフト(イメージ)

新ゴンドラリフト(イメージ)

2023年5月には音楽フェス「アルペンアウトドアーズ プレゼンツ HAKUBA ヤッホ FESTIVAL2023」の開催、2024年12月には新ゴンドラリフトを導入することが、それぞれ決定しています。

常に進化し続ける白馬岩岳マウンテンリゾートの取り組みに、今後もぜひ注目してみてください!

信州ブランドアワードとは

信州ブランドフォーラム開催実行委員会が主催する「信州ブランドアワード」は、信州のブランド力向上に貢献したブランドとデザインを、長野県の産学官が協働して選定・表彰する事業で、2004年より毎年開催しています。「しあわせ信州部門」および「NAGANO GOOD DESIGN 部門」から構成され、各部門において大賞、部門賞、入選が決定します。

第19回目となった2022年度の「しあわせ信州部門」のテーマは、「地域再生・活性化に寄与する製品、サービス」。県内の企業・団体・自治体などから全23件のエントリーがありました。

関連記事

  1. ミズバショウ湿原

    【2022年 栂池自然園】雪に覆われた早春の湿原をトレッキングしてきました。

  2. 八方尾根スキー場

    【冬本番間近】2019年11月後半/白馬村の雪情報まとめ(11/30更新)

  3. 桜の名所「大出公園」

    【2022年4月19日】大出公園 桜の開花レポート#5

  4. レイクダウンコース

    【白馬さのさかスキー場】「レイクビューの絶景」と「混まない」ことが魅力 白馬の穴場スキー場!

  5. スノーピークランドステーション白馬

    【2022年4月17日】スノーピークランドステーション白馬 桜の開花レポート#4

  6. 表彰式

    「FWQ Freeride Hakuba 3*」開催! 小野塚選手ら3名が本選出場権を獲得

  7. サウンズライクカフェ

    【白馬エリア】大自然の中で遊んだあとにほっと一息つけるおすすめのカフェ8選

  8. スノーピークランドステーション白馬

    【スノーピークランドステーション白馬】ショッピング・食事・野遊びが楽しめる観光施設が誕生

  9. 不動沢吊橋

    【2020年秋】高瀬渓谷の紅葉情報(10月9日の様子)