お揃いのポーズで

【モンスタークリフ】白馬村でスキー・スノーボード業界の活性化を目指す企業

使わなくなったギアを次の人へ
中古ギアを通じて、スキー・スノーボードをもっと身近な遊びにする

この言葉をミッションに、白馬村でスノーギアの買取販売(買取モンスター)を手掛けるモンスタークリフ株式会社
2019年からは、スキー・スノーボード用品のレンタルやオリジナルのスノーボードの製造販売もスタートします。

今回は会社設立の経緯から今後のビジョンについて、佐藤敦俊さんにお話しを伺ってきました。


きっかけはリフト券代を稼ぐために・・・

佐藤敦俊さん

佐藤敦俊さん

とにかくスノーボードが大好きと話す佐藤さん。大好きなことを仕事にしたきっかけは何だったのでしょうか。

ー創業のきっかけはなんですか?

佐藤さん「18歳でスノーボードを始めたんですが、そのときはお金が無くて・・・。リフト券代を稼ぐために、中古スノーギアを安く仕入れ、カスタマイズしたものを販売していました。大学を卒業して就職した後も、いつかは事業にしたいと思っていたので、副業でずっと続けていました。」

数年間、企業に勤めた後に独立。本格的に中古スノーギアの買取販売業をスタートしました。

佐藤さん「最初の3年間は地元千葉県に拠点を置いていましたが、スノーギアを扱っているのでスキー場の近くでビジネスをしたいと思って、白馬エリアに会社ごと移住しました。」

現在のオフィス兼倉庫

現在のオフィス兼倉庫

小谷村や白馬ノルウェービレッジに拠点を移し、2019年に白馬さのさかスキー場前の物件に移転しました。

 

毎年恒例の在庫一掃セール

倉庫の一角

倉庫の一角

この巨大な倉庫の中には約1万点の商品があるというから驚きです!
しかもその大量の商品は、次の決算に持ち越さないようにすべて売り切ってしまうそう。

大量に保管されている商品

大量に保管されている商品

佐藤さん「倉庫のスペースに限りがあるのと、当社の決算が1月なのでそれまでに在庫を一掃セールを行なうのが毎年の恒例になっています。」

最安の商品はなんと「1円」から!ギアを新調したいと考えている方は、スノーボードモンスター ヤフオク店をチェックしてみてください!

 

実際に買取査定をしてもらいました

買取査定中

買取査定中

取材のついでに、家で眠っていたバートンのブーツを査定してもらいました。
少し古い2015-2016年モデルで、つま先に擦れが目立つ状態でしたが査定額はなんと2,200円!

査定は無料なので、不用品がある方は是非お試しください。

※買取査定は、店頭もしくはインターネット(メール or LINE)でできます。
→詳しくはこちら

 

新しい事業を続々とスタート

2019年からスキー・スノーボード用品のレンタルサービスを開始。
通常の1~2日の貸し出しはもちろん、シーズン中借りっぱなしということも可能です。
今後は、地元の小学生を持つ親などに複数年で契約してもらい、子供の成長に合った用品を貸し出すサービスも検討しているそうです。

もう1つの目玉は?

さらにもう1つの今シーズンの目玉は、オリジナルスノーボードの製造販売です。

白馬スペシャル

白馬スペシャル

白馬の山を滑るためのスノーボードをコンセプトに開発中の「THE DAY. HAKUBA SPECIAL(通称、白馬スペシャル)」。
白馬の地形に合うようにフレックスやトーションにこだわったそうです。

価格はなんと3万円(税別)。

クオリティは保ちつつ、販促ルートなどを可能な限りコストカットすることで、この価格を実現したんだそう。

限定100本の店頭販売のみで、シーズンが始まる前に販売開始する予定でしたが、諸事情により遅延。
それでも年内の発売を目指しているので、気になる方は公式サイトやSNSをチェックしてみてください。

 

捨てられるものを減らし、ウィンタースポーツ業界を盛り上げたい

スキー・スノーボード用品であれば、買い取れないものは無いと話す佐藤さん。
何十年も前のウェアや折れた板、さらにビンディングのネジまで、すべてが買取の対象です。

佐藤さん「スキー・スノーボード用品のゴミが出ないようにするにはどうしたら良いか、常々考えています。折れた板や古いウェアでも、大量にあれば需要があるんです。」

いま世界では、年間で15億着の衣類が捨てられているのが現状です。また、スノーボードを始めても二年以内に辞めてしまう人がなんと8割も。
そういった理由で捨てられたり余ったりしてしまう衣類やスポーツ用品を、これからウィンタースポーツを始めたいと考えている人に繋げることで、ゴミを減らしつつ業界の活性化に繋げていきたい…というビジョンを語ってくれました。

何かとお金のかかるスノーボードですが、モンスタークリフ(買取モンスター)を利用することで初期費用の負担が減り、スノーボードを始めるハードルを下げたいという佐藤さん。


さいごに

SNSをみていると、和気あいあいといつも楽しそうな雰囲気のモンスタークリフ。
実際にお会いしてみてもそのイメージ通りでした。

最後に、そんな社内の様子をお届けします!

出品作業中

出品作業中

遠隔でお客様とやり取り

遠隔でお客様とやり取り

その様子を撮影するスタッフさん

その様子をおもしろがるスタッフさん

お揃いのポーズで

最後はお揃いのポーズで



 

インフォメーション

会社名 モンスタークリフ株式会社
URL monster-cliff.jp
アクセス 長野県北安曇郡白馬村大字神城上花美797
店頭営業時間 10:00~17:00(年中無休)

関連記事

  1. 雪が積もったクルマ

    【雪が降っても安心】白馬在住歴10年を超えるスタッフが常備している、冬の便利カーグッズ

  2. チキンバーガー

    【白馬村/サウンズライクカフェ】 海外仕込みのコーヒーとハンバーガーが人気のカフェ

  3. 八方尾根

    【栂池自然園と八方尾根自然研究路】2020年6月1週目の様子をレポ

  4. Freeride World Tour 2020 白馬

    FREERIDE WORLD TOUR 2020が白馬村で開幕します

  5. オリジナルマグ(1,980円)

    【HAKUBA GATE】白馬八方尾根にスノーギアを扱うお店がNewオープン

  6. 白馬大雪渓の一部

    【氷河と雪渓の違いとは?】無限の可能性を秘めた白馬村の氷河

  7. 雪崩捜索救助・基礎コースを開催

    【雪崩捜索救助・基礎コースを開催】HAKUBA VALLEY全体でスキルの底上げを目指す

  8. 白馬村の絶景

    絶景を見たい! 白馬村で出会える美しい絶景4選

  9. 3301ガレット

    白馬とコロンビアのコラボ?山や川で遊んだ後にオススメのカフェ【3301HAKUBA】