カフェ十三月

【カフェ 十三月】長野県小谷村の古民家カフェでゆっくりしたひとときを

長野県北西部の小谷村。
小谷村は、村の面積の88%を森林が占めるほど自然が豊かなことや、日本の原風景が残る里山や集落風景の味わい深い雰囲気が魅力です。

発掘された遺跡や石器などによって縄文時代から人々が住みついていたことがわかっていて、「おたり」という地名は1190年に出された書物に記述があったとされています。

そんな長い歴史を持つこの小谷の里にカフェ 十三月はあります。


災厄除けの風習が店名の由来

「十三月」という興味深い店名は、お店がある小谷村の中谷・北小谷地区に伝わる災厄除けの風習が由来になっているそう。

十三月と書いた胡桃の木の札を軒先につけておくと「お正月だから何かいいものがあるかも」とやってきた鬼が「まだ1月じゃないのか。来るのが早かったようだ」と帰っていくといわれる風習から名づけました。また、十三月という実際の暦には在りえない言葉を「希有なものごと」ととらえ、都市生活では体験しがたい里山の暮らしの魅力を発信する場所として、また地域の皆様には憩いの空間として親しまれるような店を育てていきたいと願っています。

※公式HPより

 

古民家を改修した店舗

カフェ十三月

カフェ十三月

十三月は築100年は超えているであろう立派な古民家を改修して店舗に利用しています。
大きな兜造りの屋根が特徴で、集落全体を見渡せる高台の斜面に鎮座しています。

カウンター席かお座敷席か選べる

カウンター席かお座敷席か選べる

広々とした店内では、カウンター席かお座敷席のちどちらかを選べます。
囲炉裏があるお座敷には、木の机や棚など古民家の雰囲気にマッチした家具がセンスよく配置されています。

木のぬくもりがお店全体を包み込み、落ち着いた雰囲気で食事やドリンクを堪能できます。

 

充実したランチ&カフェメニュー

スリランカチキンカリーと鹿のワラット

スリランカチキンカリーと鹿のワラット(ライスとチキンカリーは大盛り)

ランチメニューは時季によって変わる手作りのスパイスカレーが中心。常時2~3種類のカレーが用意されており、1品もしくは2品盛りの選択が可能です。

かぼちゃプリンとアイスコーヒー

定番のかぼちゃプリン

デザートは、定番のかぼちゃプリンや黒米と玄米餅のぜんざいの他に、旬の食材を使用したものなど全部で5種類。

そば粉のシフォンケーキとアイスコーヒー

そば粉のシフォンケーキとアイスコーヒー

この日はおたり新そば祭りの真っ只中ということで、そば粉のシフォンケーキとそばプリンがありました。

どれも美味しいものばかりで迷いますが、もしグループで来店したのなら少しずつシェアして、いろいろな味を楽しむのがおすすめです。

 

さいごに

小谷観光の休憩場所として

小谷観光の休憩場所として

里山の魅力を感じながら、美味しいカレーやデザート、コーヒーをいただける十三月。
近くには、雨飾温泉や雨飾山登山口があり、小谷観光にとても便利な場所です。

小谷にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください!

インフォメーション

アクセス 長野県北安曇郡小谷村中土11738
営業時間 10:00~18:00
定休日 火・水曜日(GW、お盆、紅葉の季節は無休)
※11月の下旬から4月下旬までは冬季休業
駐車場 有り
お問い合わせ 0261-85-1781
SNS Facebook




関連記事

  1. 小谷村鎌池

    【2020年秋】長野県小谷村 鎌池の紅葉情報(10月11日の様子)

  2. 古民家の古木を使い組み上げた店内

    【道の駅おたり】お土産・食事・温泉 小谷の魅力を凝縮した旅の休憩所

  3. 【Prairie】ランチに、カフェに、ディナーに!本格的な料理が楽しめる白馬のカフェレストラン

  4. 飲み比べセット(1,000円)

    【北アルプスブルワリー】北アルプスの美味しい水を使ったクラフトビール

  5. 餃子(400円)

    【大町市 俵屋飯店】食べ応え抜群の餃子が人気!精肉店が営む中華料理店

  6. 【移動屋台ikayakiこやまん】おもしろくて熱い店主が作るいか焼きの移動屋台

  7. 雪が積もった木道

    【2020年秋】グリーンシーズン最終日の栂池自然園と4ヵ月間の振り返り

  8. 【栂池パノラマ橋】白馬三山の絶景が楽しめるおすすめスポット

  9. チキンバーガー

    【白馬村/サウンズライクカフェ】 海外仕込みのコーヒーとハンバーガーが人気のカフェ