質疑応答

【白馬中学校とFWT選手の交流会】白馬村でフリーライドスキーの普及を目指す

フリーライドスキー・スノーボードの普及と白馬村で世界大会が開催されたことの認知を目的に、 Freeride World Tour Hakuba Japan 2020に参戦したライダーと白馬中学校生徒の交流会が1月21日に開催されました。
交流会の主催はFWT Hakuba Japan 2020実行委員会(以下、実行委員会)。


白馬村観光局 事務局長で実行委員の福島さんは「学校を卒業すると同時にスキー競技を辞めてしまう子もいる中、フリーライドのように“楽しむスキー”があることを知ってもらいたい」と、今回の企画意図を説明。

今大会は初めてスキー場から一般観戦が可能な斜面での実施となり、延べ2,000人以上の観客が集まりましたが、過去3大会は容易に立ち入ることができない山奥での開催だったため、一般の方への認知拡大は大事なミッションでもありました。

交流会では、FWTライダー6名の紹介やバックカントリースキーの危険性についての講演や質疑応答が行われました。

FWTライダーの紹介

Juliette Willmann選手

Juliette Willmann選手

交流会には、男子スキーで優勝したDrew Tabke選手、男子スノーボードのTom Peiffer選手、女子スキーのJacqueline Pollard選手・Juliette Willmann選手・Elisabeth Gerritzen選手、女子スノーボードのMichelle Locke選手の6名が参加。

Drew Tabke選手

Drew Tabke選手

選手の自己紹介では「白馬村は欧州や北米と比較しても、トップレベルの環境」、「こんな素晴らしい環境に住んでいる皆さんが羨ましい」など、世界最高水準の雪山がある白馬村を絶賛する声が聞かれました。

バックカントリースキーの危険性と注意点

FWT Hakuba Japan 2020の日本のセキュリティチーム チーフガイド、デイビット エンライトさん(エヴァーグリーン・アウトドアセンター代表)による講演も行われました。

デイビットさん

デイビットさん

バックカントリースキーには整備されたスキー場とは違った楽しさがある一方、高度な滑走技術と正しい知識の習得が必要不可欠。
雪崩リスクが高まる条件や危険予測をするための知識など、事例を交えて分かりやすく話していました。

質疑応答

質疑応答

質疑応答

「母国と白馬の雪山の違い」や「日本の好きな食べ物」など、様々な質問が飛び交い、会場は終始和やかな雰囲気に包まれました。

チョコレートが有名なスイス出身のElisabeth Gerritzen選手は「日本のアーモンドチョコはスイスに負けないぐらい美味しい」と意外な回答も。

生徒からの御礼の挨拶

生徒からの御礼の挨拶

最後は、女子生徒からの英語の挨拶で交流会は終了しました。


さいごに

FWT Hakuba Japan 2020のイベントはこれが最後。大会期間中は大きな事故もなく、無事に幕を閉じました。
来年以降、FWTが白馬村で開催するかは未定ですが、決まり次第アンテナ白馬でもお伝えしていきたいと思います。

FWT Hakuba Japan 2020 大会の様子はこちら



関連記事

  1. オーナーの坪井千佳さん

    【Chill Life】スノーボード後に行きたい、白馬村の本格派マッサージ店

  2. 【四十九院のこぶし】白馬村の春を知らせる人気スポット

  3. Out of KidZania in 白馬

    中止!【Out of KidZania in 白馬】小学生から中学生を対象とした職業体験イベントを開催!

  4. コース巡回中

    【栂池パトロール隊】栂池高原スキー場の安全を今日も守る

  5. 厨鬼灯

    【厨鬼灯】新店情報!白馬村八方口エリアにオープンした創作居酒屋

  6. お揃いのポーズで

    【モンスタークリフ】白馬村でスキー・スノーボード業界の活性化を目指す企業

  7. 呑者屋は愛犬OKです

    【呑者屋(のんじゃえ)】愛犬OK!信州の味が楽しめるごはん屋さん

  8. 【白馬を拠点に活躍中】プロスキーヤー古瀬和哉さんの単独インタビュー

  9. 八方尾根スキー場

    【冬本番間近】2019年11月後半/白馬村の雪情報まとめ(11/30更新)