白馬村平川の砂防ダム

砂防ダムってなんだろう?パタゴニア白馬で考える環境問題

パタゴニア日本支社では、各ストアごとに環境に対して取り組むべきテーマを設定しています。
白馬ストアが開店時から取り組んでいるテーマは、「気候危機」と「砂防」。

フィールドに近い白馬ストアだからできること、この環境の中で感じられることや学べること、この大自然を次の世代に繋ぐために、一緒に学びませんか?

パタゴニア白馬

パタゴニアの各直営店では、草の根環境団体の活動に賛同し支援を行っています。
今回は、白馬ストアが支援している「渓流保護ネットワーク・砂防を考える」の代表・田口康夫さんを招いたイベントで、砂防ダムについて学んできました。


 

そもそも砂防ダムとは

まずは砂防ダムについての基礎知識から。
渓流保護ネットワークのホームページでは、下記のように紹介されています。

砂防ダムは土砂を貯めることが目的で、高さ約7m以上のものを砂防ダムといい、それ以下のものを砂防堰提といいます。その働きは、土砂を貯める事や、貯砂量の10~50%の土砂を一時的に貯え調整したり、河床勾配を緩くして河の侵食を防ぐなど、土砂の流出制御に用いられています。

土砂が市街地に流れ込むのを防ぐ目的で、川の上流部に作られたダムを指します。

エイブル白馬五竜スキー場の砂防堰提

登山や釣りをする方であれば、目にしたことがある方もいるかもしれません。
でも、砂防ダムは普段は見ることができないような山奥にあるので、一般的には馴染みの薄いものです。

長野県の学校などでは、麓で生活する私たちの暮らしを「土砂災害から守るもの」と教わることが多いそうです。

 

長野県に約6,000基の砂防ダムが建設

陸地面積の約3分の2を森林が占める日本では、昔から土砂災害に苦しめられてきました。その被害を最小限に食い止めるために、約90,000基以上の砂防ダムが建設され、そのうち長野県には、約6,000基も存在します。

長野県白馬村平川の砂防ダム

白馬村平川の砂防堰提

砂防ダムが自然環境に与える影響

saboパンフレット

砂防ダムが自然環境に与える問題点

砂防ダムは、土砂災害から私たちの暮らしを守る効果がある一方で、自然環境への影響も大きいと言われています。
主な例としては、土砂の流出を意図的に止めてしまうことで、

  • 海岸侵食
  • 土砂災害
  • 河床低下
  • 骨材不足

砂防ダムが川を分断し、魚の移動を妨げてしまう、

  • 魚道問題

などが挙げられます。1つの砂防ダムは2~3回の大雨で満杯になってしまうことも。
そのたびにさらに上流に砂防ダムを建設するという悪循環が続きます。

パタゴニア店内で説明をする田口さん

パタゴニア店内で説明をする田口さん

そもそも山の崩落や侵食は、造山活動の一部で、完全に防ぐことはできません。
地中では絶えずプレートが動き、山々は隆起し続けています。
上部に持ち上げられた土砂は、重力によって下流に流出します。
仮に土砂の流出を防ごうとしたら、山全体をコンクリートで固めるという、非現実的な話になってしまうんです。

 

じゃあどうすればいいの?

莫大なお金をかけて作ってしまった砂防ダムを無くすことは、やはり莫大なお金がかかります。
では、どうすればいいのでしょうか?

スリットダム

スリットダム(渓流保護ネットワーク 砂防ダムを考えるより引用)

田口さんによると、砂防ダムの有効な機能を持たせたまま、環境への影響を減らすためには「スリット化」。
つまり、既存の土砂の貯まった砂防ダムに隙間を開ける工事を行うことです。

隙間から少しずつ適度な土砂を流し、土砂を調節する機能を高めることで、環境への影響を少なくします。
新たにダムを増設し続けるよりも、スリット化工事を行うほうが圧倒的に低コストで済みます。

イベントブース

砂防ダムについての展示

私たちにできることは?

地域の危険度を把握しておくこと

各自治体には、ハザードマップがあります。いま住んでいる地域の危険度をよく理解しておきましょう。避難場所を確認し、災害が発生しそうなときは速やかに避難できる準備が必要です。
白馬村のハザードマップ

シェアすること

渓流保護ネットワークのような、環境保護活動に賛同したら、身近な人たちにシェアしましょう。
考えを強要するのではなく、こういった問題点があるということを知ってもらうだけでも価値があります。

さらに詳しく知りたい人は

「渓流保護ネットワーク・砂防を考える」のWEBサイトをご覧ください。
砂防ダムの基礎知識から、プロジェクトの概要まで様々なことがまとめられています。

また、買い物のついでに、パタゴニア白馬のスタッフに話を聞いてみるのもオススメですよ。



関連記事

  1. 【中山高原】春と夏で違った魅力が味わえる絶景スポット

  2. 【白馬を拠点に活躍中】プロスキーヤー古瀬和哉さんの単独インタビュー

  3. 白馬村の徹然桜

    【徹然桜】白馬村のオススメ桜スポット

  4. 【マウンテンサイド白馬】白馬で暮らすように泊まるコンドミニアム型ホテル

  5. 旧栂池ヒュッテ

    紅葉前線が過ぎた晩秋の栂池自然園レポート (2019年10月28日更新)

  6. 山の中の秘湯、小谷村の天然温泉【雨飾高原露天風呂】

  7. 【栂池パノラマ橋】白馬三山の絶景が楽しめるおすすめスポット

  8. 観光に便利な立地

    【赤だすき白馬製麺所】パタゴニア白馬の隣に立食いそば屋がオープン!

  9. 呑者屋は愛犬OKです

    【呑者屋(のんじゃえ)】愛犬OK!信州の味が楽しめるごはん屋さん